ひえの加工

雑穀類の中でも特にひえは加工が難しい作物です。
栽培して無事収穫しても、その後の加工に又一手間かかります。
加工の依頼を受けて送られてきたひえ。
この時点では8.9Kgありました。道内の
農業高校の生徒さん達が栽培したひえです。
中には青い未熟粒や二番果が沢山
混じっていますのでまずこれを
取り除かなければなりません。
まずフルイを使って大きな葉などを取り除き
ます。
繰り返しとうみをかけて選別します。
箕の左側に落ちているのが風選で
飛ばされたゴミ。
ゴミだけでなく、実の小さな二番果も全て
取り除きます。
循環式精米機にかけて薄皮を
取り除きます。
とうみにかけてゴミを飛ばします。
薄皮を取り除いたひえ。 ザルでふるって網目から落ちる粒を
取り除きます。
これで下処理は終了です。 この時点で
7.6Kgになりました。
一晩水に浸けてから蒸し器で蒸します。
サラサラになるまで乾燥させます。 仕上がった殻付きのひえ。
籾摺り機にかけて殻を取り除きます。 出来上がった黒蒸しひえ。
機械加工はこれで終了ですが、この後に、ふるいをかけて小さく砕けてしまったものを
取り除き、殻が取りきれていないものをピンセットで取り除いて完成です。

  戻る