4月の作業風景

圃場での育苗の準備
4/18
圃場はこんな感じです。
昨年の収穫残渣もそのまま残っています。
5月に入ってから本格的な準備が始まります。
4/18
今日は暖かな一日でした。
パイプを運びハウスの組み立てをしました。今年
はここで陸稲と穂ひえの育苗をする予定です。
4/19

今日は雲ひとつない青空で暖かな一日でした。
朝はウグイスの鳴き声が聞こえました。
今年初めての「ほーホケキョ」でした。
北海道にもちゃんとウグイスはいますよ。

今日の昼からビニールを張って、これで
準備完了です。
23日の満月の日に種蒔きの予定です。
  4/23 
今日はハウスの中で陸稲の種を蒔きました。
このまま大きくなるまでここで
育て、6月の始め頃に
     定植する予定です。         
4/23 (弥生十五日)

今日は十五夜・満月の夜です。
北海道はここ三日位雨や雪の寒い日が
続きました。今日は曇りでしたが肌寒い
一日でした。

秋小麦「きたのかおり」を播種しました。
今年最初の露地畑への播種です。
寒い日が続く為、出芽は少し遅れるかも
しれません。

ついでに黒小麦の種もまきま
した。
無事に出芽して欲しい
ところです。

4月中の播種はこれで終了
です。

ビニールハウスでの育苗の準備
4/18
左上が畑の土、右上が火山灰土、
真ん中が籾殻くん炭、左下がきびぬか、
右下が牡蠣ガラ化石粉末です。
4/18
混ぜ合わせるとこんな感じになります。
これを育苗ポットに入れて使用します。
4/19

カナリーシードを蒔きました。
一箇所に二粒ずつです。
来年用の種取用にするものです。
大きくなってから畑に移植
します。
4/19

アルファルファを蒔きました。
一つのプランターに二列ずつです。
今回はとりあえず七個に蒔き
ました。
4/19

ハウスの中はこんな感じです。
これから順番に播種していきますので
だんだん狭くなってきます。

4/23

家の前のビニールハウスでは、今日は
古代赤米の「紅飛鳥」を蒔きました。
観賞用稲の、紫と緑も蒔きました。
これらは畑に定植できる物ではありません
ので、量的にはちょっとだけです。
発砲スチロールに入っている分です。
4/23

早くも芽が出たアルファルファ。
さすがに「ひさわかば」である。
これほどの低温でも発芽するとは思いません
でした。
同じ日に蒔いたカナリーの方は一向に
動く気配がありません。
もう少し暖かくならないと無理なのかも
しれません。

  戻る