味噌づくり

スローフードと言えば、やはり味噌作りである。
普通は初春、4月頃作る物だか、今年は寒い年だったので5月に入ってからになった。
05/5/21
大豆は一晩水に浸けておく。 白鶴の子大豆だか、ふやけて
これ位の大きさになる。
マキで豪快に煮あげる。 七升(約10Kg)炊きの大釜。
地主さんの所から借りてきた。
昔からの農家には何でもある。
アクをすくいながら煮詰めます。 煮上がったらざるにあけ水を切る。
この後餅つき機でつぶして一晩冷ます。
隣町に麹屋さんがある。
麹作りは難しいので、やはりプロに頼んだ
方が良い。
大豆に麹と塩を入れ、二斗樽に漬け込む。
このまま三年待てば完成である。
味噌は1年置きぐらいに作る。今食べているのは三年前に作った三年味噌である。
店で買ってくるよりも、やはり自家製の味噌の方が美味いと思う。

畑に行く途中でリスを見かけた。
えぞリスである。
この辺はナラの木も多く、どんぐり等の
食べ物に困らない。何匹か住んでいる。
走り回るので上手には撮れない。
アップもこれが限界である。

  戻る