2003年 小豆の生育状況

8月1日の畑の様子。
8月30日の生育状況。
この年は平成5年以来の大凶作の年といわれ
ましたが、私の畑は特に影響を受ける事もな
く、順調に生育しました。畝間が隠れる程の
抜群の生育状況です。
生育旺盛なのはいいのですが、いつまでも成長
を続け、茎は大豆位の太さになってしまった。
9月23日、やっと色がついてきましたが、なか
なか葉っぱが落ちてくれません。
霜が当たると駄目になってしまうのでこれ以上
待っているわけにはいきません。
収穫作業の開始です。
収穫機械などないので、一株ずつ鎌で刈って
いきます。10日程かかってやっと刈り取り作業
が完了しました。霜に当たる事もなく、無事終える事ができました。
刈り取りが終わると次は乾燥のために立てて
いきます。全部立て終えるのに二週間ほど
かかりました。
10月20日、だいぶ乾燥してきました。
次は脱穀作業です。
17日から始めて、11月4日にやっと終わりました。
今年は雪の降るのが遅くて助かりました。
例年だと10月末には雪が降ってくるのです
が、秋が永いと収穫作業が助かります。
収穫量は約30俵、反当約3俵半て゜した。
今年の気候条件を考えると上々の出来だと
思います。

 TOPへ   ヒエへ   アワへ   キビへ