2005年 栽培履歴


作付け計画 (予定)

冬期間は、来年の作付けを考えたり、栽培方法についてアレコレ考える時期です。
実際に農作業はできないわけですが、こうした時間も楽しいものです。
農業は季節の移り変わりに合わせてできる、年に一度の作業です。
年に二回位できるとイイナーと思うのですが、そうもいきません。
今は厳しい冬を耐え忍び、雪が融けるまでの約半年はじっと待たねばなりません。
実に気の長い話です。やっぱり農業はスローライフの極致です。

色々考えながら、春まで変更を加えていきます。
                                             (04-12-20)

陸稲 おおすみ うるち米                             
トヨハタモチ  もち米
古代米 赤米 紅衣〜紅飛鳥に変更 
黒米 朝紫〜混種を避ける為、今年は中止。
観賞用稲 紫神子・緑神子、の二種類。
 雑穀 もちきび  こきび・茶きび〜自家採取・毎年栽培。   
もちあわ  自家採取・毎年作り続けているもの。
ひえ  南部早生〜自家採取・毎年作り続けているもの。   
 晩生白 〜今年失敗したが再度挑戦。穂が立派。
 日高在来〜地主さんが見つけて来てくれたもの。
         今年初挑戦。
小麦  「きたのかおり」の種子到着。 (05/2/15)
オーツ麦  燕麦・昔は良く栽培されていたが、今は誰も作って
 いない。現在種子を探索中。05/2/6・種子到着。
黒小麦
大豆 黒大豆  いわいくろ・自家採取
白大豆  白目大粒の品種 「白鶴の子」
くらかけ大豆
小豆 赤小豆  えりも・自家採取
大納言  カムイ大納言
白小豆  きたほたるの種子を探索中 今年は中止
菜豆 金時豆  手無し金時・自家採取  手あり金時(蔓性のもの)
虎丸
花豆  白花豆は収量が少なく、赤花豆は食味が良くないらしい
貝豆  北海道北見地区の在来種、昔は良く作られていたらしい が食味が悪い為に栽培されなくなったらしい。
銀手亡  北海道在来種である。餡の加工用品種であり、そのまま 食べてもあまり美味しくないらしい。 豆三種は中止
しゃち豆
その他 アマランサス  自家採取
えごま
カナリアシード  1/19日、種子到着。
亜麻  フラックスシード
キヌア  購入済み。
甜菜  自家用ビートシロップを作ってみたい。
アスパラガス  種子採取の為、三年もの苗を購入の予定。
 種子の入手済みの物です。

種子物語

農作業は、5月から始まりますが、その前にやっておかなくてはならない事があります。
種子の確保です。雑穀・豆等の自家採取できるものは良いのですが、新しく作付けする
ものは種子の入手を畑の準備が始まる前に済ませておかなくてはなりません。
作物には実に色々な品種がありますから、まず北海道に向く品種を選定し、譲渡先を見つけなければなりません。
勿論、種子苗販売店から購入すれば良いことなのですが、これは最終手段です。
できれば生産者から直接譲って頂くことを理想としています。
種子屋からの種は、どこで誰が作ったものなのか、わかりませんからね。
やはり種子は生き物です。
いのちのバトンを受け繋いで行くものですから、生産者の魂の宿った種を譲り受けたいと考えています。
以下は、種子がどこからどのようにして我が家まで伝わってきたか、種子伝来の物語です。
作物ごとに順次更新して行きますので、時々のぞいてくださいね。    
                                              (04-12-22)


   戻る