8月の作業

茶えごまのあいかけ (06/8/1)

茶えごまの畝間。 もう少し雑草が大きくなってからすき込みしたいところですが、
えごまがこれ以上大きくなってしまうと中に機械がはいりませんので、管理機を
いれて雑草のすき込みをしました。来年は黄あわを植えたいと思っています。

土壌改良

ここは黒えごまを露地蒔きしたところ。
生育にかなりの差が出ています。
ここら辺は特に土質が悪く、何を蒔いても
良くは取れないところです。
やや砂っぽい土壌で木炭のカケラが一杯
落ちています。 この畑はもともとが山林を
切り開いて畑にした経緯がありますので、
多分この辺りで根などを集めて焼いたのだろう
と思います。 横に植えたサフラワーも
だいぶ枯れてしまいました。
土質の良いところに植えたらもっと良く
生育したのではないかと思います。
このような場所が畑のアチラこちらにあってなかなか難儀します。
毎年駄目な場所ですから、このままだと来年も駄目なままです。
雑草もあまり生えてこないような場所です。
来年はここに麦類を蒔く予定でいますが、このままだと来年の収穫が望めないのは
ハッキリしています。 どうしたら良いだろう?
そこで畝間に緑肥の埋設をしてみることにしました。
ここに埋め込むには草よりも木質タイプのものの方がよいのではなかろうか。
よもぎを埋めてみる事にしました。
ヨモギ漢方

畑の南側は日当たりが悪い為に5a程度
が捨て地になっています。
種を蒔いても生育が悪いのですが、
草は沢山生えてきます。
ヨモギも沢山自生しています。
ヨモギ健康法というものがあるくらい、
ヨモギは薬効のある植物です。
土壌にとってもきっと良いはずです。
今は丁度穂が出始めの頃。
時期も丁度良いようです。
即効性は無いと思いますが漢方薬の様に
ジワリジワリと効いてくれれば良いと思います。
刈り取ったヨモギ。 畝間に溝を掘って入れていきます。
覆土して完了です。ここはサフラワーの列。 今日は八列に入れました。
残りも合間を見て入れる予定です。
こんな手間ひまのかかる事は誰もやってみようとは思わないでしょうね。
小農だからこそできる事かもしれません。
来年再来年を考えて今の仕事をする、農業とはそんなものかもしれないと思う今日この頃です。

改良効果

畑の入り口左側、ひまわりとコーン。 畑の入り口右側、穂ひえ。
この畑の入り口付近、約10aも何を蒔いても取れないところでした。
土質がまったく違うのですが、ボイラーの灰を持ってきて入れたとかで、PHが以上に高くて
どうにもならない場所でした。 種を蒔いてもしょうがないので、左側ひまわりの所には
小豆の残渣を積み上げ、右側の穂ひえのところにはきびの茎を持ってきて積み上げ
供に二年間そのままに放置しておきました。 残渣がだいぶ腐れて来ましたので
今年試しに苗を植えてみたところ、他の箇所と変わらない良い生育をしています。
改良効果があった様です。 置いておくだけでも効果はあったようですので、土に埋め込めば
もっと直接的に効果が認められるのではないかと思います。 
ヨモギは来年効いてくれるのではないかなぁと期待しているところです。

八月の圃場

畑の南側から北側(入り口)に向けて
撮った写真です。

なにげない風景なのですがいつまで
見ていても飽きません。作物も秋の実りを
目指して生命力を爆発させてくれる
でしょう。

畑の端に腰を下ろして物思いに耽るのも
楽しいものです。

(仕事もしろよぉ〜)
ガッテンでぃ。
 
けさ作り (06/8/3)

オーツ麦が成熟し収穫の時を迎えました。 今日ははさがけ乾燥させる為のけさ作り。
明日から収穫作業の開始です。 麦の生育状況の方に詳しくUPしています。

圃場の風景

出穂したひえ。 と言ってもこれは野ビエ。
穂ひえの中に生えてきたものですが
野ビエは見つけ次第刈っていきます。
同じく、穂ひえの間から穂を出した黄あわ。
育苗箱に粟の苗が混じっていたのを
そのまま定植しておきました。
ちなみにこれが穂ひえの茎。
今年は寒いせいもあってかあまり徒長せず、
ズングリタイプに育ちました。
幅は2cm位あって立派なものです。
麦の間で大きくなっていた白えごま。
去年の種がこぼれたのでしょう。
育苗して定植した物より大きく育っています。
今の時期に一番多いのがバッタ。
色んな種類のバッタが群れ飛んでいます。
トンボは時期的にまだ早いです。
九月にきびの刈り取りが始まる頃は
空が赤とんぼの群れで埋まります。
圃場のコントラスト
手前が南部早生ひえ、左側が穂ひえ。
同じひえでも葉色は全然違います。
手前が在来早生ひえ、その奥が赤きび。
赤きびの穂色が紫になってはっきり
見えるようになってきました。
全国的に梅雨明けし、本格的な夏到来
ですね。 北海道も府県とは比べ物に
なりませんが、それでも日中は汗をかく
程になってきました。

除草作業も一段落し、明日からは
いよいよオーツ麦の収穫開始です。
今日の夕日もきれいでした。
明日も晴れそうです。

オーツ麦の収穫 (06/8/4)

今日からオーツ麦の刈り取り始めました。
倒れた麦を刈って結束していくのはなか
なか時間がかかります。
本来ヒダカは倒伏性の強い品種なの
ですが、来年は培土するなどの工夫が
必要なようです。

今日は夕方四時半頃に突然の夕立。
すぐ止みはしたのですがビショ濡れに
なってしまいましたので早上がり
しました。 写真も少し暗めです。
ヒエの葉の上でくつろぐアマガエル。
まったりライフですね。
此方はひえ穂の中から出てきた南部早生。
何故か種が混じっていたようです。

オーツ麦の選別 (06/8/8)

今日は北海道も30度を越える夏日となりました。 
こんな日に畑で働くと大変な事になりますので、木陰で乾燥したオーツ麦の選別作業を
しました。 青くて未熟な茎を取り除き、良い物だけを束にして行きます。
束は秋刀魚のように時々ひっくり返しながら仕上げ乾燥をします。
オーツ麦の刈り取りもだいぶ終わりましたが
やはり減収は避けられず、
収量は50Kg程度かなぁと思います。
予定収量の半分も行きませんが
全滅しなかっただけでも良しとしなければ
ならないかもしれません。
オーツ麦の栽培は今年が二年目ですが、
安定した収量が得られるように工夫
する余地はまだまだあります。
麦の播種は早いですので、秋のうちに
畑の準備をしておくのがポイントかも
しれません。

小麦の刈り取り 06/8/11

オーツ麦の刈り取りも一段落しましたので
今日は春小麦・ハルユタカの刈り取りを
しました。
試作品ですので収量は少ないですが
無事収穫することができました。

麦刈り (06/8/14)

春小麦 「春よ恋」 二条大麦
今日は残っていた「春よ恋」と二条大麦の刈り取りをしました。
麦類の刈り取り作業はこれでだいたい終了です。
好天続きで刈り取り後の乾燥もスムーズに行っています。

小麦の脱穀 (06/8/22)

小麦の脱穀には足踏み式脱穀機を使用してみました。
近所の農家から譲り受けたものです。 雑穀類の脱穀には使用しませんので
私も今日始めて使ってみました。
今日は曇りの日でしたが、又雨が降ってくる予報ですので、その前に春小麦
「ハルユタカ」の脱穀を済ませました。 収量は思ったより少なく、2.5Kg程でした。

ひまわりの刈り取り (06/8/25)

今日は快晴でした。 ひまわりノースクイーンを刈り取りました。
このまま乾燥できれば良いのですが、問題は裏側。 中がスポンジ状になっている為
なかなか乾かずに、乾く前に腐ってしまいます。 
去年は失敗してしまいましたが
今年はまだ暑いので上手くいく
かもしれません。試しに大きな
物をこのまま乾燥させてみる事
にしました。
中くらいの大きさのものは
試しに茎から刈って見ました。
このまま乾燥させてみます。
満開になったロシアひまわり。
収穫まで何とか台風襲来は
待って欲しいところです。

えんどうの刈り取り (06/8/26)

今日は青えんどう豆の刈り取りをしました。 手無しタイプの豆なのですが、
この時期になるとすっかり草の中に埋もれてしまいます。 倒伏もし易いですし
無農薬栽培するのは難しい豆です。
収穫したノースクイーン。
脱穀して乾燥させます。
実を取った残渣は小さく割って
土にすき込み畑に返します。

えんどうの刈り取り (06/8/27)

青えんどうが終わり、赤えんどうの
刈り取りを始めました。
草の中から見つけて刈り取って行くので
なかなか時間がかかります。
でもお陰で雑草は40〜50cm程度に
なっています。刈り取りしながら雑草も
刈って行くのですが、刈り取りが終わりましたら
耕運機で雑草緑肥のすき込みを行う予定
です。
来年はここに穂ひえを定植予定ですので
秋のうちに準備を済ませておきたいと
思っています。

野ビエの収穫 (06/8/29)  えっ、野ビエ?

赤えんどうの刈り取りが終わり
ましたので次は赤きびです。
問題はこの野ビエ。
刈り取り作業前に取り除かな
くてはなりません。
野ビエは既に完熟しており、
バラバラと脱粒します。
これが畑に落ちてしまうと
大変な事になってしまいます。
薄皮を剥くとこんな感じ。
色は濃いグレーで大きさは
南部早生の半分位です。
あっと言う間に
バケツ一杯に取れました。
赤きび部分が終わると次は
こきびの生え切れした所。
ここも山のように生えています。
結局今日はPP袋に二つ
野ビエの穂を刈り取りました。
夕方のうちに脱穀してしまい
ました。
実は結構ありました。
試しに計ってみたところ
7kgありました。

赤きびの刈り取り (06/8/31)

今日は赤きびの刈り取りをしました。
倒れてしまった物も多いのですが
生え切れが多かった割には
まずまずの量だと思います。

左の写真は赤きびの圃場、
ここもふんだんに雑草が生えてしまい
ましたので刈り取り終了後に
すき込む予定です。


  戻る