生育状況 あわ

06/4/27 赤あわの発芽始まりました

4/20に蒔いた赤あわの芽がポツポツと出て
きました。
ひえがまだ出揃わないのにあわが
発芽してくるとは思いませんでした。

北海道は例年にない異常な寒さです。
このままですと平成始まって以来の
「平成大凶作」の年になるかもしれません。
曇りの日ばかりで太陽がなかなか出て
きてくれません。
06/4/29 赤あわ

葉が少し展開し、少し粟らしくなってきました。
芽がまだ出ていないものも多く、生育は
揃っていません。
雑穀類は粟に限らず、なかなか出芽が
揃いません。在来の原種に近い品種です
から、自然の理に従いどうしてもバラバラ
な生育になってしまうようです。
06/5/3 赤あわ

赤あわの発芽がだいぶ揃ってきました。
まだ発芽してこないものもありますが
今のところは順調に芽を出してきて
います。
06/5/10 赤あわ

赤あわの苗が2cmくらいに生長してきました。
ところどころ芽が出ていないところもあり
ますが、発芽状況はまずまずです。

5月の末頃の定植予定ですが、
それまでに5cm位にはなって欲しい
ところです。

黄あわ 白あわ
06/5/21 黄あわと白あわの発芽始まりました。
黄あわは15日、白あわは16日の播種ですから、随分早い発芽です。
ここ数日は好天で気温も高く、夜は保温布を掛けてシートで覆っていたので
その保温効果もあったかもしれません。 これからの発芽状況が楽しみです。

黄あわ 白あわ
黄あわ・白あわは葉が広く展開して来ました。まだ1cmくらいですが粟らしくなってきました。
発芽は順調です。  06/5/24
06/5/24 赤あわの苗

赤あわは生育順調です。
大きな物は10cm近い物もあります。
大きな生え切れもなく、無事に育苗する
事が出来ました。
種まきが終われば定植にかかりたいと
思っています。

06/5/26 白粟の発芽揃いました。 白粟なんだけれど苗のうちは赤いのが特徴。
この赤みのおかげで猫じゃらしなどの雑草との区別が付きます。
06/5/26 黄あわの発芽揃いました。
今はまだ赤いですがもう少しすると赤みが消えて緑の葉になっていきます。

06/6/6 黄あわの苗。 順調な生育です。
06/6/6 白あわの苗。 順調な生育です。


06/7/4

定植した白あわの苗。
無事に活着し、大きくなってきました。
このまま無事に生育してくれると
収穫できる期待が持てます。

06/7/12 定植した赤あわ、生育の良いところは30cm位になってきていますが
立ち枯れてしまったものも多く、全体として残っているのは三分の一位。
残念ながら期待していたほどの収量は望めそうにありません。

06/7/27
定植した白あわ。

生育はしているのですが、大きさは
まだ20cmくらい。
7月の末でこんなに小さいのは
初めてです。
小さな穂は収穫できるかもしれませんが
なんとも微妙なところです。
06/7/27
定植した黄あわ。
残念ながらすっかり草に覆われて
しまいました。
こうなる前に20cm程度に生育して
欲しかったのですが、定植後は
生育しませんでした。
六月のあまりの寒さに苗がこじれて
しまったのも原因と思います。
今年の反省点
苗を十分に生育させる為に来年はビニールハウスをもう一棟用意する予定です。
今年は圃場を準備しながら定植作業を行いましたが、定植後の生育を促進する為に、圃場は
もっと早く、一ヶ月前くらいから準備しておく必要性を感じました。
苗を育苗して定植するという方法自体は省力もでき、良いやり方だと解りました。
生え切れするわけではありませんので、定植後の生育をいかに計るかという課題が残りました。

06/7/30 定植した白あわ。

白粟はところどころ良いところもあり、
まだまだちいさいもののこれなどは
良い感じです。
赤あわは暖地系の品種である上に
今年初めて栽培した品種。
初めての品種を始めから広く作付けする事
にも無理があったかもしれません。
試作程度に2〜3列程度にして様子を
見てみるのが正解だったかもしれません。
作付けする品種の選定もなかなか
難しいものです。

06/8/7 連日の暑さでやっと大きくなってきた白あわ。
無事穂がでるかどうか、今月の生育がカギになってきます。

06/8/14 ハウスの前で一人生えしている黄あわを発見しました。
穂は10cm程度で小さい物ですが、勝手に生えてすでに穂が出ているところを
みると、ここの気候に合わないと言うことも無いようです。
今年は残念ながら失敗してしまいましたが、来年又工夫してみたいと思っています。

06/8/20 あわの様子
白あわの出穂始まりました。 苗が良かったもの、5a分位は1m位に成長しています。
穂もポツポツと出始めましたのでこの部分はなんとか収穫が出来そうです。
定植した黄あわ。
ところどころ50cm程度になり、出穂も
みられます。
来年の種子程度は確保できそうです。
しかし、この時期にしっかり出穂してくる
わけですから、北海道に合わない品種
でもなさそうです。
育苗が上手く行けば黄あわも収穫できた
かもしれません。
栽培に工夫が必要ですが、なんとか
取れないことも無いような気がします。

06/8/21 あわの様子
出穂してきた白粟。 8月になってからの高温で一気に伸びました。
1〜1.2m位になっていますので高さは十分です。
収穫できるかどうか不安だった白粟ですが、この時期に出穂すると収穫が見えてきます。
定植したものの中で無事に生育したのは三分の一位ですので豊作とはいきませんが
なんとか少しは収穫できる目安が立って来ました。
今日は黄あわの除草をしたのですが、一本だけ20cm程度に生育している穂を発見
しました。 5cmくらいの小さな物もありますが、出穂自体は白粟よりも早いくらいですので
早生の系統のあわであることは間違いありません。 あとは栽培方法の工夫のみです。
育苗がしっかりできれば間違いなく取れるような気がします。

06/8/22 豆とひえの間の通路に一人生えした白あわ。 穂の大きさもまずまず。
種を蒔いて栽培するアワもこれ位に生育してくれれば良いのですが・・。

06/8/24 あわの様子
赤あわの出穂がやっと始まりました。 赤あわだけあってさすがに穂も赤い。
八月中の出穂ですのでなんとか収穫できそうですが、暖地系のあわを北海道で
栽培するのはやはり難しいです。 
白粟。 穂色がはっきり解る様に
なってきました。


北側から見たアワの圃場。 あまり大きな穂は見当たりませんが、25cm程度のものが
多いようです。
南側から見たアワの圃場。 写真ではうまく伝えきれませんがなかなか見事な穂波です。
06/8/29 白粟の出穂が揃いました。 収穫は9月の末から10月にかけてになります。
あわ圃場20aのうち、上手く行ったのはこの5aの部分だけです。
せめて10aあると収穫量も多かったのですが・・・。
しかし穂数自体は昨年よりはるかに多い感じがしますので、ちょっとだけ成功です。


赤あわの穂。 やっと少し色が赤っぽくなってきました。 ぽつぽつと生えている赤あわ
ですが、いまいちやる気が感じられません。真っ赤にならないといけない実なのですが
秋のうちに色づくかどうか、何とも微妙なところです。


06/9/23

オレンジ色になってきた赤粟。
もっと真っ赤にならないといけない
のですが、今月の末には霜が降りて
きます。
この様子では完熟するのは少し
難しい気がします。

  戻る