生育状況
サフラワー・そば・アマランサス

4/30 サフラワーの発芽

サフラワーの芽が出始めました。
真ん中が割れてプックリ
してくると発芽の合図。
2〜3日すると芽がでて
きます。
5/1 サフラワーの双葉

サフラワーの双葉を見るのは
私も初めてです。
無事に発芽して来ていますので
これからの生育が楽しみです。
5/6 サフラワー

芽がだいぶ出てきました。
全部でたわけではありま
せんが、これぐらい出れば
まずまずかなと思います。
06/5/16 サフラワー

サフラワーもだいぶ大きくなってきました。
とげとげの葉っぱが出てきています。

06/6/10 ダッタンそばの発芽が始まりました。
実の粒が小さいだけあって、芽も小さい感じです。
だったんチベット だったんモンゴル
06/6/13 だったんチベット
三日経って少し蕎麦らしくなってきました。
同日、だったんモンゴル。
今のところチベットもモンゴルも似た感じです。
だったんチベット だったんモンゴル
06/6/18 だったんそばの様子。 チベットの方が発芽が良く、きれいに生え揃い
ました。 モンゴルの方は発芽が悪く、少し空いている感じです。
チベット モンゴル
06/6/25 気候条件に関わりなく、ソバの発育は良好です。 10cm位になってきました。

06/7/3 サフラワーの様子
「もがみ紅花」 途中葉が黄変して駄目かな
と思っていたのですが、何とか持ち直し
10cm位になって来ました。
「試作品の大粒サフラワー」
数粒発芽しましたので定植しておきましたが
立派に成育しています。今後が楽しみです。
06/7/6 もがみ紅花

少し伸びてきましたので培土しておいた
サフラワーですが、今日見てみると
元気に上葉が出てきているものが
ありました。
今年初めて栽培するものですので
まだなんとも言えませんが、
収穫できそうな気がします。

06/7/14

7/10日に蒔いた「北早生ソバ」が
発芽してきました。

7/18 だったんチベットの花が咲きました。 実が小さいので花もちっちゃい。
だったんチベット、生育に多少のムラはある
ものの、順調に生育しています。
北早生そば、きれいに生え揃いました。
だったんモンゴル、花が咲くのはもう少し先になりそうてす。

06/7/27 だったんチベット、実が付きはじめました。
06/7/27 だったんモンゴル、こちらも実が付き始めています。

06/7/28 北早生ソバが20cmに育ってきました。
生育もとても良いのですが、葉の緑と茎の赤みのコントラストが何とも言えずきれいです。
特に朝陽の中で見るソバには生命力に満ち溢れた美しさがあります。

06/7/31 サフラワー、先が枝分かれして先端が丸くふくらんでいます。
もう少しで開花する様な雰囲気になってきました。

06/8/2 生育旺盛なだったんチベット。
1m位になってきました。
こちらは北早生そば。
まだ30cm位なのですが早くも花が咲き
始めました。早い、早すぎる。
豆の間から一人生えしてきたアマランサス。
今年の春は育苗するものが多くて、
アマランサスの種を蒔いて育苗するのを
すっかり忘れてしましました。
ので、今年の収穫はありませんが、
来年は忘れずに栽培したいと思っています。

だったんチベット だったんモンゴル
06/8/5 サフラワーの花が咲きそうです。

06/8/8
どうやらこれが満開のようです。
花の下の丸い部分が開いて花に
なるのかなぁと思っていたのですが
そうではなくて、ここに種が入るようです。
06/8/9 北早生ソバの花がにぎやかです。

06/8/11 だったんチベット、黒い実が
ついてきました。
だったんチベット、どんどん伸びて1.4m位に
なりました。実が小さいですのでもっと小さい
ものかと思っていました。こんなに伸びる
とは驚きです。

06/8/12 サフラワー、花の色が黄色からオレンジに変わってきました。
最後は赤くなって終わるようです。

06/8/20 そばとサフラワー
昨晩の大雨でだいぶ倒伏してしまっただったんチベット。
実はだいぶ入り始めているので、それほど打撃にはならないような気がします。
花満開の北早生そば。 近くに寄ると虫と蜂の羽音でうるさいくらいです。
花びらが散ったサフラワー、隙間から中に実が詰まっているのが見えます。
丸みもプックリと、心持ち大きくなったような気がします。

サフラワーが枯れて来ました。 皮を剥いてみると白い実が見えます。
取り出して見ると・・・16粒入ってました。 中には一株に12ヶの花実が付いている
ものもあります。
06/8/25 サフラワーは今年初めて試作してみたものですが、無事に収穫することが
できました。 この時期に収穫できるようですと、別に早くに育苗する必要はなく、
普通の露地蒔きでも大丈夫そうです。 何とか生育する目安が立ったのは何よりでした。

06/8/28 葉色が赤くなってきたダッタンチベット。 上の部分も黒化してきていますので
成熟期に向っているようです。 刈り取りの時期が近づいてきました。

  戻る